グァテマラ「サンタ・カタリーナ農園」(ミディアムロースト)200g

すっきりさわやかで甘みのある酸味が特徴です。
コーヒーというよりは紅茶のようで、ガブガブ飲みたい時にも良いかもしれません。




グァテマラ「サンタ・カタリーナ農園」(ミディアムロースト)200g

価格:

1,350円 (税込 1,458円)

挽き方:
購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

産地詳細

国名:国名:グァテマラ 同じ生産地の珈琲一覧
エリア:サカテペケス県アンティグア地域サンミゲルドゥエニャス、アカテナンゴ火山東側斜面
標高:最下部地点1,674m、最上部地点約1,761m

豆の特徴

伝統的な手法と先進的な技術・設備の融合で作られるコーヒーは、透明感と良質な酸味、華やかな香り、上品なコクとバランスの良さは見事としか言いようがありません。
品質の高いコーヒーを作るためには完熟した実を摘むと言う事は必須ですが、こちらの農園では区画ごとに計画的に収穫、必要に応じて同じ区画で複数回収穫するという徹底ぶりです。
険しい斜面に植えられたコーヒーの木は昼夜の寒暖差にさらされコーヒーチェリー(実)に栄養をため込みます。その結果、良質な酸味としっかりと硬い豆質が育まれ、浅めの煎り具合から深煎りまでの幅広いレンジで個性を発揮するコーヒー豆が生まれます。

精製が終わった後のコーヒー豆は時間と共に劣化していきますが、硬い豆質と丁寧な精製によるものか、その変化がとても緩やかなのも特筆すべき特徴です。通常入港から1年も経つと明らかな劣化が見られますが、サンタ・カタリーナに関しては入港直後に近い状態をキープしていることもしばしば。当店にとって欠かす事の出来ない最重要農園の一つです。

ローストレベル:ミディアム
味の雰囲気:すっきりさわやかで甘みのある酸味

このローストについて

浅めにローストすることで本来持っている酸味を活かし、あまり浅過ぎると青臭さが気になるのでそこには注意しつつ、すっきりとしたコーヒーに仕上げています。
ローストが浅めの物は薄めに淹れるとバランスが良く、ガブガブ飲みたい時にも良いかもしれません。
コーヒーというよりは紅茶のようで、あまり飲み応えはありませんがこれはこれで美味しいと思います。サンタカタリーナ農園はロースト度合の違いで3種類ご用意しているので、飲み比べをしてみると面白いですよ。

ページトップへ