MUIのこと

コーヒーの常識は間違いだらけ

コーヒーの美味しい味、「大人の味」は間違った味

一般的にコーヒーは大人の飲み物というイメージがありませんか?

コーヒーの美味しさは子供には分からない。もっと言えば、これが分かるのが大人という間違った認識です。

コーヒーは本来、ほかの食品と同じように素直に美味しさを感じられるとても飲みやすい飲み物です。
こげたパン、傷んだ食材、あく抜きしてない竹の子が美味しくないように、
・焙煎で焦がした
・煙くさい
・きつい苦味
・鮮度が落ちてイヤな酸味
が出てきたようなコーヒー豆から抽出されたコーヒーが美味しいわけがありません。

飲んだ時に美味しさを感じられなかったとしたら、それはそのコーヒー豆に何か問題があるせいです。
飲み慣れていないから、好みに合わないから、なんてことはほとんど関係ありません。
コーヒー通なんてただの幻想です。

食品の販売をしている知人から聞いたのですが、本当に美味しい物は子供の食いつきが全然違うそうです。
確かに多くの常連さんから、「子供が目を離した隙にMUIさんのコーヒーをブラックで美味しいって飲んでいてびっくりした!」と聞きます。

カフェインを採るのが良いか悪いかは別として、
本当に良いコーヒーは子供が思わず手を出してしまう自然に美味しい飲みものです。
きつい苦味や酸味、えぐみを我慢して飲む「大人の飲み物」ではありません。

コーヒーの美味しい味、「大人の味」は間違った味

コーヒーが苦手な方はもちろん、日常的に飲んでいる方でもこんな経験ありませんか?

  • 嫌な酸味を感じる
  • 体調が悪くなる(胃がもたれる、気持ち悪くなる、胸焼けする)
  • 飲みにくい
  • 苦いだけで美味しく感じない

それはすべて、コーヒー豆の品質、鮮度、焙煎のどれか、もしくは複数に問題があります。
お肉や野菜よりも傷みにくいですが コーヒー豆は生鮮食品 です。

産地からの輸送や、その後の保管に気を付けなければコーヒー豆も傷みます。
傷んだお肉や野菜が食べられないように、傷んだコーヒーも飲めたものじゃありません。

そして信じられない事に、一般に流通しているコーヒーのほとんどが何かしらの問題をかかえた物なんです。

コーヒー豆の鮮度を大事にするLCFは生産・流通・保管まで、品質管理を徹底しています。
【写真】LCFは生産・流通・保管まで、品質管理を徹底しています。

「酸味が強いコーヒーは苦手」は大間違い、美味しいコーヒーは違う

MUIに初めて来店される方の内9割くらいの方に「酸味のないコーヒーをください」と言われます。
僕は「その酸味、コーヒーの物じゃありませんよ」とお答えします。
するとお客さんは決まって「じゃあ一体何の酸味なの?」という顔をします。
これを読んでいる皆さんも同じことを考えていると思います。
あのイヤな酸味の正体は何なのか。あれはコーヒーが傷むと出てくる酸味です。

コーヒーはそもそも果物ですから飲んだ時に感じるのは果物と同じ質の酸味 です。
それとは違う不快な酸味を感じたとしたら、それが傷んでいる証拠です。

元々きれいな酸味を持っていても湿気を吸って劣化してしまうとあのイヤな酸味が出て来てしまうんですね。
本当かなと思った方は是非MUIのコーヒーを飲んでみてください。
果物のようなフルーティな酸味を楽しんでいただけます。

ちなみに僕は酸味が強い物を特におすすめしたいわけではありません。
自分は酸味が苦手だと誤解したままでは楽しめるコーヒーの種類が限られてしまいますよね。
その誤解が解ければもっと色々なコーヒーの世界に気づけますし、その上で酸味が強い物がお好きかどうかはそれこそ好みです。
自由に楽しんでみてください。

タンザニア ブラックバーン農園 収穫風景
【写真】タンザニア ブラックバーン農園 収穫風景

焙煎でコーヒーは美味しくならない鮮度が大事

焙煎とはコーヒー豆が持つ本来の味や香りを引き出す作業です。

美味しいコーヒーを飲むために、「焙煎」はとても大切な作業ですが、焙煎によってコーヒー豆が本来もつ美味しさ以上になることはありません。

にもかかわらず素材よりも焙煎を前面に出したロースターが多く、
コーヒーでは焙煎が一番大切という間違った常識 があるのは残念です。

人気チェーン店のコーヒーは美味しくないの?

皆さんが知っているような大手チェーンのお店で美味しいコーヒーを飲むのはとても難しいと思います。

理由は簡単で、今までお話した美味しいコーヒーの条件をひとつも満たすことが出来ない からです。
最高レベルの豆は、まず生産量そのものが少ないので、チェーン全体に必要な量を確保できません。
輸送や保管にあまり経費をかける事も出来ません。

最後に、焙煎。
一流のレストランのチェーン店って、聞いたことありませんよね。
一流のロースターは一流の料理人と同じです。
そんなにスキルの高い人材ばかりを集めるのは不可能ですし、一流のレストランの料理を工場で大量生産することはできません。

人気チェーン店のコーヒーは美味しくないの?

「MUIのこと」コンテンツ