コーヒーの淹れ方

ドリップ

ドリッパーにセットしたペーパーやネル(布)にコーヒーの粉を入れ、高温のお湯をかけて抽出する最も一般的な淹れ方です。
淹れ方によって多少ブレは出ますが抽出にかける時間など、いくつかのポイントを押さえればどんなコーヒー豆でもしっかりと個性を引き出しやすいのが特徴です。
MUIでは手軽で美味しく淹れられるペーパードリップをおすすめしています。

フレンチプレス

コーヒーをお湯に浸して抽出する方法です。
決まった手順で淹れればブレが少ないのが特徴です。
フィルターが金属のためコーヒーの油脂分をろ過せず本来の味と香りやコクをしっかり感じられると言いますが、実際には全体的にあっさり目に抽出され、ドリップに比べると濁り感を感じます。
成分が抽出されにくいため薄めに淹れて美味しく飲めるロースト度合が浅めの物が向いています。

エスプレッソ

マシンを使い圧力をかけて抽出する方法です。
粉を極細挽きにする必要があるためドリップ用とは別の専用のミルが必要です。
牛乳との相性もとてもいい、しっかり濃度のあるコーヒーが抽出出来ます。
最近は家庭用マシンの性能も上がって高いマシンを買わなくても美味しいエスプレッソが楽しめるようになってきました。
煎りの浅めの物を使うと味と濃度のバランスが崩れてしまうためやや深煎り以上のローストがおすすめです。

サイフォン

蒸気圧を利用して淹れる方法です。
お湯が上がって来たときの時間や撹拌の回数を決めておけばブレが少なく抽出できます。香りは良いのですが味はあっさりめ。お湯の温度が高いため苦みが出やすいのが難点です。
そのため深煎りの物はあまり向きません。

水出し

お湯ではなく水をかけて抽出する方法です。
水なので成分は抽出されにくくかなり軽めのコーヒーが出来上がります。やや深煎りくらいまでが向いている淹れ方です。