コーヒーの生産地

コーヒーは熱帯の高地で栽培される農作物で、生産地は帯状に分布しておりコーヒーベルトと呼ばれます。
MUIでは世界中の信頼できる素晴らしい作り手たちのコーヒーをご紹介していきます。

生産地から選ぶ

アジア

  • 01
    インドネシア

    コーヒー生産高第3位。スマトラ島で栽培される高品質な「マンデリン」は世界的に評価が高い。

  • 01
    東ティモール

    原種に近い品種がそのまま残っている。元々コーヒーの栽培に適した環境のため、アジア屈指の産地となる可能性を秘めている。

アフリカ・中東

  • 02
    エチオピア

    農家が自宅周辺での栽培する庭先のコーヒー(ガーデンコーヒー)が全生産量の約半分を占める。高品質で華やかな香りのコーヒーが多い。

  • 03
    イエメン

    エチオピアのコーヒーと共に日本では「モカ」として流通していることが多い。状態が良い物が入港することは極めてまれ。

  • 04
    ルワンダ

    日本度の知名度は低いが近年世界的に評価を高めている産地。コーヒーはルワンダの輸出売上第1位を占める。

  • 05
    ケニア

    コーヒー生産高第25位。品種研究や流通体制の整備が進んでおり、近年価格が高騰している。

  • 06
    タンザニア

    タンザニアのコーヒーは「キリマンジャロ」と言う名前で販売されることが多く、日本には北部の物が多く輸入されている。

中南米

  • 07
    ハワイ

    アメリカ合衆国唯一のコーヒー産地。先進国のため経費がかかり価格が高い。近年害虫や病気の影響により品質の低下と減産が問題になっている。

  • 08
    グアテマラ

    コーヒー生産高第9位。中米を代表する高品質コーヒーの産地として世界的に高く評価されている。

  • 09
    ホンジュラス

    熱帯だが国土の約3分の1が1,000mを超える山岳地帯というコーヒー生産に適した国。輸出量は年々増えており、今後の品質の向上が期待されている。

  • 10
    ドミニカ

    カリブ海を代表する高品質コーヒー産地。近年ハリケーンの影響などで生産量が減少している。

  • 11
    パナマ

    近年最も注目されているコーヒー産地の一つ。狭い地域のなかでバリエーション豊かなコーヒーが生産されている。

  • 12
    エルサルバドル

    コーヒーが総輸出額の半分を占める重要な作物で、国花はコーヒーの花。他の地域では生産が減少している原種に近い品種が多く残る。

  • 13
    コスタリカ

    国土の約25%が国立公園や自然保護区指定されている環境保護先進国で、自然環境に配慮したコーヒー生産が行われている。

  • 14
    コロンビア

    コーヒー生産高第4位。気候、土壌、降雨量など、コーヒーの栽培に理想的と言える条件が整っている。

  • 15
    ブラジル

    コーヒー生産高第1位。1,000m前後と低めの標高で生産され、全体的に中庸。起伏が少ない大規模農園では機械で収穫されることも多い。

  • 17
    ペルー

    コーヒー生産高第6位。これまでは高品質なコーヒーもほとんどが低級品と混ぜられてしまっていたが、恵まれた栽培条件があり今後品質の向上が期待される産地。

  • 18
    ニカラグア

    中米で最も面積の広い国であると同時に最も所得の低い国。そのため設備的な問題などがあるが近年高品質コーヒーの栽培に力を入れている。