年始のお菓子 ガレットデロワ

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物


こんばんは、あまいもの担当やましたです。
クリスマス目前ということで、もう年明けのお話。
年が明けてすぐ、1月6日は公現祭(エピファニー)というキリスト教の祝祭で東方から訪れた3人の王様(博士)にイエスが顕現した日を祝うお祭り。
この日の前後に食べられるお菓子が、最近日本にも定着し始めた「ガレットデロワ」。
ガレット=円形のお菓子、デロワ=王様たち、ということでこの3人の王様たちのお祝いのお菓子なわけですね。

お菓子自体は至ってシンプル。パイ生地の中にアーモンドのクリーム。南仏の方ではブリオッシュ生地を使ったものが主流でブリオッシュデロワ、と呼ばれるそうです。
このお菓子に隠されているのがフェーヴ(そら豆)。元々はほんとうに乾燥したそら豆が入っていたようですが今では陶器や金属でできた飾りが入っています。
一台のお菓子を何人かで切り分けてたべ、このフェーヴが当たった人は、その日王冠をかぶり、「王様」または、「王女様」になることができ、皆から祝福されます。そして王様や王女様になった人は、相手の「王女様」または「王様」を選ぶのです。

前置きが長くなりましたが、そんなガレットデロワを年明けに予約販売致します!
前述したように、パイ生地とアーモンドクリーム、たった2つの構成なので素材の良さが大切。
そしてきちんと焼き込んで旨みを充分に引き出してあげること。
当店らしく旨みたっぷりのシンプルなお菓子で新年をスタートさせませんか?
今のところサイズは直径18センチ位の予定で、お渡しは1月6日(金)、7日(土)、8日(日)の三日間。
予約開始は12月22日ごろを予定しておりますので詳細はまたその時に。
あれこれしている間にすぐ年末、となってしまう頃なので次回の告知をどうぞお見逃しなく。
余談ですが2月にはバレンタインのチョコレートセットも販売しますのでこちらもお楽しみに。

ちなみに今回の画像は前職の時に「グレーテルのかまど」の撮影で作ったガレットデロワ。
この時は家庭でもできるよう初めて冷凍パイシートを使って作ってみました。
次回は本番仕様の写真とともにお届けしまーす!

コーヒーだけに没頭しない焙煎担当募集!

【募集は終了しました】


ただいまMuiではコーヒー焙煎担当を募集しています。

小さな組織なので、その他の業務も何でもやってもらう事になると思います。
我こそは!という方、いませんか?
経験はゼロでかまいません。コーヒー・飲食業での経験の有無も問いません。
センスがあるかどうかもあまり問題ではないので気にしなくて大丈夫です。
何ごとも反復練習以外に上達の道はありません。
Muiで働いてもらえれば他では出来ない経験を積めるのではないかと。

・好奇心旺盛。
・話すのが好き。
・雑用が得意。
・浅煎りのコーヒーが苦手。
・非喫煙者。
・最低限パソコンが使える。
・なにより、コーヒーが好き!
…ではなく、おいしい物を飲み食いするのが大好きで、甘辛問わず極端な好き嫌いもない方。

上記いくつかに該当する方には楽しくやりがいのある職場かもしれません。
(もちろんキツイ事も多々あると思いますけど。)
仕事はどんどんお任せしますし、やりたいことがある方はガンガンご提案下さい。

コーヒー豆屋の仕事は基本的にはとても地味なので、あまり華やかなイメージをしてしまうと思っていたのとちがった…
となってしまうこともあるでしょうからご注意ください。

独立希望の方も大歓迎ですが、きちんとした物を身に付けるには相応の時間がかかります。
短期での独立を考えている方はご遠慮ください。

【勤務地】
Mui
川崎市中原区木月3-13-2

【仕事内容】
焙煎及びそれに付随する業務
コーヒー豆販売
喫茶業務全般
ネットショップやSNSの管理・運営
イベント出店

【勤務時間】
9:00〜19:30(日によって変動あり)

【給与】
応相談
交通費支給(上限月1万円)
試用期間有り

【定休日】
火曜

【応募方法】
下記メールアドレスあてに志望動機を添えてPDFファイルの履歴書を送ってください。
書類選考の上、面接日程をご連絡します。(アンケートとごく簡単な小テスト有り)
応募に関するお問い合わせはメールか電話でどうぞ。
044-767-1368  info★mui-motosumi.co.jp  ★を@に変えて送信してください。
(平日)10時〜18時 (土日祝)9時〜18時
担当:大沢

ちょっと試しに話しを聞いてみたいな、なんて軽いノリでも大丈夫です。
今回のように公に募集をかけない場合でも、人材を探していることはあるので、いまではないけれどタイミングが合えば、と言う方もぜひご連絡くださいね。


画像に含まれている可能性があるもの:室内

「ワークスタイル」×「コーヒー」トレンドセミナー

  先日開催された、サントリー食品インターナショナル主催の「ワークスタイル」×「コーヒー」トレンドセミナーにお呼ばれしまして

コーヒーについて、ちょっとだけコメントをしてきました。
ネットにいくつか記事もあがっているので、ご覧いただければ。

それにしても司会の坂上さん、リクルート研究所所長の大久保さん、漫画家の弘兼さんと並んで僕という、この場違い感…。
皆さまの優しさに救われながら貴重な体験をさせていただきました。

あ、念のため申し上げておくと缶コーヒーの監修をしたわけではありません。(笑)

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1713195.html





セミナーのお知らせ 6月後半の予定もアップしました

久々のセミナーはおかげさまでとてもご好評いただいています。
やはり一番驚かれるのが実は抽出が簡単すぎだということ。
セミナーでは3回ずつ抽出を体験してもらいますが、皆さん必ず成功します。

12日は満席になりましたが明日11日の17時からの会はまだまだ空きがあります。
驚きを、ぜひ体験してみてください。
http://peatix.com/event/173164/

10種類以上のコーヒーを飲み比べられるのでひじょーにお得です。
美味しいアイスコーヒーも飲めます。
6月後半の予定もアップしましたので今週末は予定が埋まってしまっているよという方はこちらにどうぞ。

6/25 (土) 17:00 - 19:00
http://peatix.com/event/176292/

6/26 (日) 13:00 - 15:00
http://peatix.com/event/176296/

ヨコハマハンドメイドマルシェ2016



こんにちは、甘いの担当やましたです。
今週末はkamukanaの焼菓子をひっさげて横浜ハンドメイドマルシェに出店します!
フードブースは20店くらい、ハンドメイドの作家さんのブースはなんと3000店ちかくあるそうで。
ワークショップとかも開催されて1日いても飽きないイベントです。
雑貨好きさんにもたまらないマルシェ、パシフィコ横浜でやってますのでこの週末はぜひ遊びに来てくださーい!
ちなみに入場料がかかりますが、コンビニやスマホで前売りチケットが購入できるのでそちらがお得ですー♪

ヨコハマハンドメイドマルシェ2016
https://handmade-marche.jp/

迷信だらけのペーパードリップ

昨晩、帰宅した時にちょうどTVでペーパードリップについてやっていまして。
とりあえず色々突っ込んでおきます。

【抽出の前に紙臭さをとるためにペーパーを湯通しする】

不要です。
だって、そもそも臭くありませんし。
実際湯通ししたものと、していないものをくらべても差を感じません。

今でこそ世界中で大ブームのペーパードリップですが、10年ほど前はアメリカでの評判は良くありませんでした。
なぜなら質の良い日本の紙と違い、アメリカのものは臭かったから。

それがハリオのV-60ドリッパーの登場で評価が変わり、今では最先端と『されている』アメリカやオーストラリア、北欧のコーヒーショップでは当たり前にペーパードリップがされています。

ただ、質の良くない匂いのある紙の印象が強いためか、不要な湯通しをする事があるようです。
それを見た日本のコーヒー関係者がなんとなく「湯通し」を輸入してしまったのかなぁと思います。

【はじめにじっくり蒸らす】

コーヒーの抽出の常識みたいに言われてる事ですが、これも不要です。
というか蓋をしてないんだから蒸れませんよね。
蒸気逃げてますから。

【3回くらいに分けてお湯を注ぐ】

もっと小分けで注ぎましょう。
一度に注ぐお湯の量が多いとドリッパー内にお湯が溜まってしまいます。
せっかくお湯の抜けやすいドリッパーを使ってもそれじゃあ意味がありませんね。

粉がお湯に浸かった状態は成分が抽出されにくいため、そうならないくらいの量のお湯を注いであげると良いでしょう。
大事なのは内(粉)と外(お湯)の濃度差なわけで、浸透圧を考えれば良いのですが長くなりそうなのでまたの機会に。

【沸騰しているお湯で淹れると雑味やえぐみが出る】

それはそうだと思いますが、そもそも質の良いコーヒー豆だとそう言った成分が少ないのでほとんど気になりません。
それに、やかんでお湯を沸かしてドリップポット(口の細いポット)に移した時点でほどよい温度になりますし、ほとんど気にしなくて大丈夫です
それよりも、ぬるいお湯(80℃代)で淹れてしまう方が成分がしっかり抽出されずに味も香りもぼやけてしまうので
そっちは気にした方が良いかなぁと思います。

【最後の一滴まで落としきってしまうと良くない。】

落として問題ありません。
味、変わりませんし。

もとえ珈琲でも全部落ち切る前にドリッパーを外すと説明していますが
それはその方が抽出量と抽出時間を合わせやすいからです。
落ち切った時にちょうどいい量になるようにお湯を注ぐのってかなり難しいですし、ムダに時間がかかってしまう事が多いのでやりません。

こう長々と書いてしまうと抽出ってむずかしそうに感じられてしまうかもしれませんが超・簡単です。
米を炊くよりも簡単です。ほんとに。
安いコーヒーメーカーでしっかり美味しく出来るくらいですから。
(コーヒー豆さえ良い物であれば。)

手で入れる場合も小難しいメカニズムを知らなくてもお湯の抜けやすいドリッパーで適切な時間をかけて淹れれば解決します。
そのあたりの事はコーヒー豆を購入された方にお渡しするパンフレットに書いてあるのでそちらをどうぞ〜。

http://motoecoffee.com/


今日はmikotoマーケットですよ!

おはようございます。ふみこです!
今日はmikotoマーケット。青空広がるマーケット日和でございます。こんな日にはアイスコーヒーをがぶがぶ飲みたいところです。
今日はアイスコーヒーやホットコーヒー、コーヒー豆を武蔵新城駅すぐの新城テラス前で販売しております。mikotoさんでは美味しいチーズや青森の食材、弘前のといといさんのパンも買えますよ!
見るだけでもわくわくするマーケット。是非いらしてください!


2016/4/25

是非遊びにきてくださーい!

こんにちは。ふみこです。

いよいよ明日と明後日は、mikotoマーケットとのコラボカフェ。4月にパサールを行ったPasar Shinjoにて11時から16時までオープンです。ホットコーヒーやアイスコーヒーはもちろんのこと、いつもチーズ会で楽しんでいただいているような、チーズとコーヒーのセットもご用意しております。
是非遊びにきてくださーい!

2016/4/24

コーヒータイムのお供にどうぞ。

あえて小ぶりなkamukanaのマドレーヌ。

内と外の食感の違いを味わってみてください。

プレーンはほのかにレモンの香るシンプルな美味しさ。

長い余韻の楽しめるピスタチオ。

2個入り238円、5個入り520円でご用意しています。

コーヒータイムのお供にどうぞ。

残り僅かなコロンビア ニルソン・ロペスさんのコーヒーと合わせるのがおススメです。

http://motoecoffee.com/SHOP/103024/111742/list.html


2016/4/24

開いてますよー!

めずらしく白!
Ponte di Toi開いてます。


2016/4/23

ページトップへ