コーヒー豆は焙煎したてがいちばん美味しい?

先週から販売をはじめたコスタリカ エル・ハルディン農地、だいぶ味が乗ってきました。

コスタリカのコーヒー豆

銘柄問わず、適切に焙煎されたコーヒー豆は
常温で3週間ほど置くことで美味しさが増していきます。
それも微妙に、ではなくてむちゃくちゃ美味しくなります。

 

粉で購入された場合は急激に劣化するので冷凍保存が必須ですが、
豆の場合は冷凍しない方が良いんです。

 

今までの常識とちがうってことではじめは信じてもらえない事も多いんですが、
一度体験すると皆さん納得してくれるせいか、焙煎したてを欲しがる常連さんがいません。
「飲み切る頃がいちばん美味しかった!」と驚かれます。

 

どう変わるのかをひと言であらわすのは難しいんですが、
美味しさのピークになったコーヒーには『熟した果物』の印象を感じます。

熟れたものと熟れてないものに共通の感覚って、果物の種類問わずありますよね。
あの感じです。

 

銘柄によって日に日に美味しくなって行くものもあれば、
とあるポイントでグッと美味しくなるものもあって、
ピークが来るのが3週間くらい後なのは変わりませんが、
そこに至るまでのペースには結構差があります。

 

mui おいしいコーヒー

で、話題は戻ってエル・ハルディン。
去年もそうだったんですが、そのポイントが結構遅め。
8日経ってグッと変わり始めました。

 

店頭には焙煎したてのものしか並べられないので(どんどん売れてしまうので…)、
ぜひご自宅で寝かせてみてください。

2ヶ月くらいは劣化の心配はありませんし、
何の手間もかけずに美味しくなるんだからお得ですよね。

 

エル・ハルディンのあとにもコスタリカの素晴らしい作り手も続きますが、
あと数日で完売しそうなので気になる方はお早めにどうぞ。

 

こちらも残り少なめのコロンビア オクタビオ・ルエーダさんの
マイクロロットの深煎り(フレンチロースト)も、3週間経ったのを飲んだら最高でした。

浅煎りでは感じることができない『青臭さのない果実感』と
『甘く熟した酸味』を楽しめますよ。
必飲です。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る