ついに入荷!コスタリカ エル・ハルディン農地

初収穫から3年。
ずーっと仕入れてみたくて、でも仕入れられなかったコスタリカの超名門の新農地。
そのコーヒーがついに入荷しました!

 

世界的に高い評価を受ける作り手『ドン・マジョマイクロミル』。
彼らの所有する中でも特に高い標高を誇る『エル・ハルディン農地』をやっとご紹介できます。

 

コーヒーの品質を決定付ける要素は様々。
土壌、気候、品種、精製所の設備、作り手のスキル・知識・経験値など、
どれかひとつで決まるわけではなく、全ての条件が整ってはじめて素晴らしいコーヒーが生まれます。

 

そしてコーヒー栽培において、標高もとても重要な要素です。
経験上、特に素晴らしいと感じるものの多くが2,000mを超える高所で栽培されています。

 

例えばコロンビアのニルソン・ロペス、コスタリカのジャサル農地や、
グァテマラ サンタ・カタリーナ農園の2つの特級区画等が2,000m超と聞くと
なるほど!と思っていただける方も多いのではないでしょうか。

 

この『エル・ハルディン農地』の標高は1,950m~2,100m。
しかも作り手は名門『ドン・マジョ』。
美味しくないわけがありませんよね。
とにかく驚くほどの飲み心地の良さ、一度体験してみてください。

 

 

コスタリカ エル・ハルディン農地

200g
価格:1,600円(1,728円)

●シティロースト
濃縮感はあまりありませんがその分食感の良さが堪能できます。
飲んだ瞬間、口の中全体がやさしく包まれるような飲み心地の良さです。

ほど良くコクはありますが体に染み込んでいくように
まったくストレスなく飲み進めてしまいます。
飲み込んだ後には良く熟れた伊予柑を食べた時のような甘みが長く残ります。

 

●フレンチロースト
とにかく一番印象的なのは飲み心地の良さ。
飲み心地の良いものは他にも色々ありますが、
Muiで今まで扱った中では一番ではないでしょうか。
やわらかく、なめらかで、軽やかなのにちゃんと飲みごたえもある。
驚きです。

 

ほんのり苦みの効いた伊予柑のマーマレードのような柑橘の印象のあとに
甘みと香りの余韻が長く続きます。

 

 

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る