Muiのお歳暮ギフト

Muiのお歳暮ギフト シュトーレンと コーヒーの セット

  • Muiのコーヒー

    世界中から集めた最高のコーヒー豆だけを、丁寧に、適切に焙煎、仕上げの選別まで手は抜きません

  • シュトーレン

    自家製のラムレーズンとオレンジピール、美味しいドライのいちじくがたっぷり。
    挽きたてスパイスで香りにアクセントを

「コーヒーをプレゼントしたいけど、選び方がわからなくて」
そんな時にぴったりのギフトをご用意しました。
酸味や苦みがにがてな方にも美味しく飲んでいただけるコーヒーと、
「ドイツのものよりおいしい!」と評判のシュトーレンをセットにしたギフトです。
大切な人やお世話になっているお得意先に、
ちょっと幸せな時間をプレゼントしませんか?

購入にすすむ

  • Features!1 保存から淹れ方まで!おいしいコーヒーのための本プレゼント
  • Features!2 日が経つごとに美味しくなる 日持ち3週間以上のコーヒーに合うお菓子

Muiについて

もっと手軽に、もっと気楽に、もっと美味しいコーヒーを―。

Mui(ムイ)は東急東横線の元住吉にあるコーヒー屋です。

“Mui”という名前は、
「無為を為す」という老子の言葉に由来しています。

何もしないをあえてする。
自然のままにいる。
僕たちは、それこそが “いつでも とっておき” をかなえる秘訣だと考えています。

とっておきの料理を作るなら、
とっておきの材料を探しに行く。

とっておきの材料にたどり着いたなら、
手で触れ、目で見つめ、鼻で香り、耳で聞き、舌で味わい
その材料にとって適切な、もっとも自然な調理法を考える。

食べたり飲んだりすることが大好きな僕たちは、
そんな手しごとを繰り返して、
とっておきを積み重ねてきました。

“いつでも とっておき”を味わえる場所。
そんな「町のコーヒー屋」を目指しています。

Muiのコーヒー

素材の良さが美味しさになる。

「コーヒーの苦味や酸味が苦手…」という方は、とても多いです。
「おいしいコーヒーがなかなか無くて…」という方も、とても多いです。

どちらの悩みも、解決するのに大切なことはひとつ。
『品質の良いコーヒー豆を使用する』ということ。

それでは、Muiの考える品質の良さとは何だろう。

きちんとした作り手が栽培した生の豆を、
適切に焙煎していること。
これに尽きると考えています。
たったこれだけの、シンプルなことであるがゆえに
大きな品質の差、つまり味わいの差となってあらわれてきます。
コーヒーは、水とコーヒー豆だけを使った飲み物です。
だからこそ、豆そのものの品質が味わいに直結してしまう。

新鮮で、生産者や品種がきちんとわかっている豆を使用する。
そして、コーヒーが本来持っている個性を損なうことなく
ワインが熟成するように味や香りを深めていく丁寧な焙煎。
この焙煎によって、果実味やナッツ、チョコレートやハーブのような
その豆が本来持っている様々な風味も、より一層引き立ってくるのです。
でも、Muiのコーヒーはまだまだ完成ではありません。
さらに、傷んでいる豆は手作業でひとつひとつ取り除き、
全体の品質をきちんと保っていくのも大切な作業です。

こうして、品質の良いコーヒー豆をきちんと厳選し、
手作業による焙煎と選別を経ることで
嘘みたいに透明感のある味わいのコーヒーが生まれます。

初回注文のお客様にも試していただきやすいように
そんなMuiのコーヒー豆の中から
それぞれ個性のちがう、4種類のコーヒーをご用意しました。

「おいしい」という言葉だけでは足りない、コーヒー体験をお届けします。

購入にすすむ

オーナープロフィール

『コーヒー好き』ではありません。

オーナー写真

大沢征史
1979年生まれ。料理学校卒業後、東京都・神奈川県内のカフェやレストランに勤務。
2005年に『堀口珈琲』入社。堀口俊英氏に師事。焙煎の責任者を務める。
2013年に独立開業。

僕は『コーヒー好き』ではありません。『美味しいもの好き』です。なので『美味しいコーヒー』は大好きです。

コーヒーに興味を持ったきっかけは料理学校在学時に訪れたイタリアでした。
イタリアにはそこかしこにカフェ(バール)があり、そこで暮らす人たちの生活に密着した存在になっています。
近所の人が集まって、店員とお客さんはもちろん、カウンターでお客さん同士コーヒーを片手に自然と会話が始まったり、おじいちゃん達がテラスでのんびりゲームをしたり。
はじめはコーヒーそのものよりもその『空間』に魅力を感じました。

自分もそんな店がやりたい、まずはコーヒーをたくさん飲んで勉強しよう、とたくさん店をまわってみたものの、美味しいと感じられるものが全然ない…。
なんで?と思い調べてみたらこれが色んな意味で面白い。ありふれた飲み物だけど、誤解や知られていないことだらけ。

中でもとにかく驚いたのが【コロンビア】のように『国=銘柄』でしか取引されていないことでした。作られた場所も品種も分からず【日本米】としか表示されていないお米を見たら「良いお米だろうな」とは思いませんよね。

コーヒーはなんでこんなことになってるんだろうという疑問と同時に、これは逆に可能性がすごくあるのかもしれないと感じ「自分で良いコーヒーを焙煎して届けられるようになろう」と決めました。

そして飲み歩いた中で唯一「美味しい!」と素直に感じられた『堀口珈琲』に入社したのが2005年。すぐに焙煎を担当させてもらえるようになり、数年後責任者に。
『スペシャルティコーヒー』の黎明期から、その時々の最高のコーヒー豆に囲まれながら焙煎をさせてもらえた8年間は最高の時間だったと思っています。

そしてその経験から言えるのは、焙煎というのは本当にシンプルだけど『正しい経験の蓄積』があってはじめて出来るようになるものということ。
特別なことはなにもいらなくて、必要なことを必要なタイミングで適切に、手を抜かずに積み上げて行く作業です。そこに関しては経験(あと性格)に基づく絶対の自信があります。

焙煎の写真

『コーヒーはむずかしい』と思っている方へ。
確かに『むずかしいこと』はたくさんあります。でもそれは『焙煎まで』の話しです。
皆さんの手元には『むずかしいこと』が済んだコーヒー豆が届きます。皆さんにやってもらいたいのは3つの数字を守ってコーヒーを淹れること。たったそれだけで美味しいコーヒーが楽しめます。(お米を炊くより簡単です。)
肩の力を抜いて、気軽にコーヒーを楽しんでもらえたら嬉しいです。

コーヒーとケーキの写真

お近くの方は東横線・元住吉にある店にもぜひ遊びにいらしてくださいね。渋谷・横浜どちらからも15分程度とアクセスはとても良い場所です。
店舗併設のカフェでは他では真似のできない『コーヒーとスイーツのマリアージュ』を体験していただけます。
そしてMui以外にも元住吉には皆さんにご紹介したい、素晴らしく美味しいお店があります。こっそりお伝えしますのでぜひ声をおかけくださいね。ご来店を楽しみにお待ちしています。
お店へのアクセス >

おいしいコーヒーの淹れ方

3つの数字を守ると、コーヒーはもっと美味しくなる。

おいしいコーヒーの淹れ方

コーヒーをおいしく淹れるために必要なのは、修行を重ねた職人技ではなく、おいしく淹れるための正しい知識です。
  • ・抽出するコーヒーの量
  • ・粉の分量
  • ・抽出時間
これをきちんと守るだけで、家で飲むコーヒーは、ぐっとおいしく変わります。詳しくはコーヒー豆をご購入頂いた方に差し上げる「おいしいコーヒーのための本」をご覧ください。

コーヒーの保存方法・期間

良いコーヒーは劣化の心配がありません。

コーヒー豆は「焙煎したてが一番おいしい」と思っていませんか?
もちろん焙煎したても美味しいですが、適切に焙煎されたコーヒー豆は、常温で保存することで3週間くらいかけてさらにおいしさが増して行きます。はじめはなかなか信じてもらえませんでしたが、今ではMuiのご常連の常識になっています。
コーヒーを淹れるたびに粉に挽くのは少し面倒かもしれません。でもたったそれだけで、まったく別の飲み物になってしまいます。Muiでは手軽な電動ミルをおすすめしています。

豆のまま保存する場合

豆のまま保存する場合
常温(冷暗所)で、密封した状態で保存しましょう。 1ヶ月から1ヶ月半で飲み切ると、一番おいしい状態を味わえます。 それ以上の期間、保存する場合は冷凍庫へ。(2〜3ヶ月は保存可) 検査の結果、酸化がはじまるのは3ヶ月くらい経ってからと分かっています。適切に焙煎されたコーヒーに劣化の心配はほとんどありません。

豆のまま保存する場合

粉の状態で保存する場合
豆のままの状態とちがい、粉に挽くと急速に劣化がはじまります。
必ず密封して冷凍保存しましょう。また、冷凍しても劣化は進むので、1ヶ月以内に飲み切るのがおすすめです。

セット内容

  1. 1. コスタリカ エル・イゲロン農地シティロースト 200g

    口当たりのやさしいバランスのとれたコーヒーです。
    やさしく軽やかな食感が楽しめます。
    この地域の特徴が良く出ていてはなやかな香りがありますが、あくまで控えめで強く出過ぎてはいないのが好印象です。
    余韻には熟れた柑橘類のような甘みが残ります。

    もっと詳しく >

  2. 2. シュトーレン(ハーフサイズ約9.5cm)

    ドイツでクリスマスを迎えるのに欠かせないお菓子で本国では厳密に(法律で)配合の決まっているものですが、Muiでは伝統よりも美味しさを追求。
    年々ブラッシュアップしていますが、今年は『AMBESSA&CO』の角がなく素晴らしく爽やかな香りのホールスパイスを挽きたてで生地に練りこんだらググッ!と美味しくなりました。
    コーヒー豆屋が挽きたて使わなくてどうするってことで、手抜きしてたところをちゃんとやるようにしただけなんですが、そういうところがほんと大事ですね。

    自家製のラムレーズンと、こちらも自家製のオレンジピールのシロップ煮とドライいちじくがたっぷりと入ってコーヒーはもちろん、紅茶やワインとも合わせても美味しいですよ。
    しっかりしているのにとても軽く、どんどん食べ進んでしまう危険な美味しさです。

購入にすすむ

お客様の声

  • イタリア菓子専門家・歴史研究家 藤田統三氏
  • 料理人 西田 有宏氏

Muiさんのコーヒーは、どれを飲んでも本当に美味しいです。

神奈川 舘野さま 女性
Muiさんのコーヒーは、どれを飲んでも本当に美味しいです。もちろんその中で特別なお気に入りはありますが、それ以外のどれを飲んでも必ず美味しいから安心していろんな種類の豆を楽しめるんです。
今ではずっと苦手だと思っていた酸味のあるコーヒーが一番のお気に入りです。
どの豆もそれぞれ個性がはっきりしていて、口に含むとパアッと香りがひろがって。
後味はすっきりしているのに香りはずっと口の中に残っている。すっきりしているけど決して薄いわけじゃないんです。
うーん、言葉で伝えるのは難しい…。とにかく飲んでみてほしいです。難しいことは一切なしに、普通のコーヒーメーカーでサクッと淹れていますがちゃんと美味しく淹れられます。
muiさんのホームページに「難しいことは任せて、肩の力を抜いて」とありますが、まさにその通り。
自宅で簡単に美味しいコーヒーを飲めるようになったのがとてもうれしいです!

普通の日常を、ワンランクもツーランクも豊かにしてくれる…

岩手県 佐藤さま 女性
普通の日常を、ワンランクもツーランクも豊かにしてくれる…そんなワクワクがMuiにはあるのです。
コーヒーの果実感や素材の旨みをギュッと閉じ込めたような豊かな味わいはまさにフルーツ。
ひとえにコーヒーといっても、産地や農園の違いで全然違う美味しさがある!ということを教えてもらいました。
トマトを煮詰めたような濃厚な味わいに感動したり、雷おこしのような甘い香ばしさにうっとりしたり、ブルーベリーのような甘く爽やかな香りにクラクラしたり…
「なんとなく美味しい気がするコーヒー」
これにはたくさん出会って来ましたが、「なんて美味しいの!」と豊かな気持ちにさせてくれるコーヒーとの出会いはMuiがはじめてでした。
初めてお店に足を運んで、感嘆のため息を漏らしながら、じっくりゆっくり頂いた一杯のコーヒーとカフェラテの美味しさ。
お土産のコーヒー選びに誠実に向き合ってくださった店主の大沢さん。
お店を後にする頃にはすっかりこのお店のファンになっていました。
必ずまた来よう、そう思わずにはいられない出会いでした。
遠方のためなかなかお店に伺えませんが、コーヒー豆の配送も誠意を持って注文を受けて下さるので、自宅用に贈答用にと本当に重宝しています。

美味しいコーヒーってなんだろう、と悩んでいたわたしに、「よいコーヒーを選ぶのは、よいお米を選ぶのと同じ。もっと肩の力を抜いてコーヒーを楽しめばいい」と教えてくれたMuiが大好きです。
余計な手は加えず、素材の持つポテンシャルを引き出すことがどんなに大切かを五感で感じることができる唯一無二のお店だと思います。
あえて難点を挙げるなら、美味しいコーヒーばかりでどれを注文するか決めるのに時間がかかることでしょうか(笑)美味しいものが好きな方、縁あってこの口コミを見つけた方、ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。Muiのコーヒーがあるだけで豊かな気持ちで1日を過ごすことができると思いますよ。

自分へのご褒美に、毎朝1杯のスペシャルコーヒー

神奈川県 木村さま 女性
自分へのご褒美に、毎朝1杯のスペシャルコーヒーとしてこちらのコーヒーを飲んでいます。
ネコポスでいつも頼んでいるのですが、ポストに届いた包装を開けていない時点からもうコーヒー豆のいい香りがします...!
ネコポスの袋を開封して、コーヒー豆の包装をはさみで切る瞬間の香りがたまりません。

いつも豆のままで頼んでおり、自宅で挽いて楽しんでおります。生産地も国名だけでなく細かい農園の名前まで記載されていたり、店主のコーヒーへのこだわりや愛をすごく感じます。
「どんな淹れ方でも素材がよければおいしいコーヒーを楽しめる」
という店主の考えにも感動。器具とか淹れ方にこだわらないとだめなの?と思っていましたが、家でふつうにペーパードリップで飲んでも最高においしい!(注ぎ口の細いやかんとか持っていないので、ティファールの電気ケトルでお湯をわかしてささっと作っています)

毎回どのコーヒー豆を選ぼうかな~と迷うのもまた楽しいです。素人でも風味にはっきり違いがわかるのも豆の鮮度の良さだと思います!

Muiのコーヒーが飲める店 買える店

ご購入時の注意事項

  • ご贈答などで箱入りをご希望される方は別途化粧箱をご購入下さい。
  • 最短での発送をご希望の方は到着日の指定はせずにお買い上げください。
  • 賞味期限は焼成後1ヶ月です。発送日から数えて3週間以上の賞味期限の物を発送します。

「コーヒーをプレゼントしたいけど、選び方がわからなくて」
そんな時にぴったりのギフトをご用意しました。
酸味や苦みがにがてな方にも美味しく飲んでいただけるコーヒーと、
「ドイツのものよりおいしい!」と評判のシュトーレンをセットにしたギフトです。
大切な人やお世話になっているお得意先に、
ちょっと幸せな時間をプレゼントしませんか?

Muiのお歳暮ギフト

価格:

3,250円 (税込 3,510円)

挽き方:
のし(お歳暮等):
名入れ:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

  • 袋入りギフト200g×3種
  • 袋入りギフト200g×2種

ページトップへ