インドネシア『LCFマンデリン』の新豆が入荷しました

ニルソン・ロペスさんのコーヒーの素晴らしさを語りすぎたかなと反省している雨の土曜。

 

mui マンデリン

なぜってどのコーヒーもすばらしく高品質で美味しいのがMuiの強みなのに、
もしかしてニルソンさんだけが特別美味しいと誤解を与えてしまったかもしれないなと。

いつでも、どれを選んでもらっても幸せな美味しさを約束します。

 

 

とは言え今はこれ!というイチオシはあって、
Muiの看板商品のひとつで説明不要なくらいの人気を誇るインドネシア『LCFマンデリン』の新豆が入荷したばかりで、
これがほんとに美味しいです。
感動もの。

スマトラ島で栽培されるアラビカ種のコーヒーを総称して『マンデリン』と呼びますが
その中でも突き抜けた品質を誇り、それを維持し続けている究極のマンデリンです。

 

リントン・ニ・フタとパランギナンという地区の農家40数軒を選抜し、
品質向上のために細かいオーダーをした特別仕様で、初入荷は僕が元職場の堀口珈琲に入社した2005年。
その唯一無二の個性に驚いたことを今でも鮮明に覚えています。

 

焙煎がとても難しい豆で、自分の焙煎のスキルの向上やブレを教えてくれるコーヒーでもあります。

特に印象的なのは新鮮なクレソンの様な香りで、
余韻にはトロピカルフルーツの果実感が漂います。

とろりとしたなめらかな食感もここちよく、ほのかにミルクチョコレートのような印象も。
飲み応えとさわやかさの同居する偉大なコーヒーです。

 

マンデリン好きの方はもちろん、苦手と思っている方にもぜひ一度はお試しいただきたいすばらしさ。
アイスコーヒーにしても美味しいです。
年々値上がりしている産地ですが、この価格に見合うどころかむしろ安いと感じていただけると思います。
必飲です!

 

mui マンデリン mui マンデリン

 

◆インドネシア「LCFマンデリン」(フレンチロースト)200g◆

価格:1,600円 (税別)
産地国名:
インドネシア
ローストレベル:
フレンチ

酸味と苦みのバランス:


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る